ニュースセンター

Kiwi technology、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO27001」とISMSクラウドセキュリティの国際規格「ISO27017」を取得。自社製IoTサービスのセキュリティとコンプライアンス体制を強化へ。

 

Kiwi technologyでは、自社のLoRaWANサービスを様々なお客様に安心してご利用を頂くために、ISMSの認証取得を行います。これによって、Kiwi technologyが提供するサービスは、標準化された国際基準に従った情報セキュリティ管理システムの構築及び運用が行われていることが認証されたことになります。今後もKiwi Technologyは、IoTビジネス、セキュリティ、およびコンプライアンスへの継続的な投資により、お客様が包括的なクラウドサービスを安心して享受できるよう努めてまいります。

 

 

 

ISO/IEC 27017 は、クラウド環境におけるデータ保護の国際規格です。情報セキュリティ管理の国際規格である ISO/IEC 27001 によってKiwi technologyは社内コンプライアンスを強化し、より安全性なoTトータル ソリューションを提供してまいります。

 

 

 

Kiwi technologyのIoTクラウド管理プラットフォームは、企業のデジタル変革に必要なソフトウェアをクラウドで提供します。Kiwi technology は自社製のIoTデバイスも提供しており、トータルでお客様に大きな利便性と柔軟性のあるサービスを提供しております。

 

お客様は、Kiwi technologyのIoTクラウド管理プラットフォームの利用に際して、クラウドプラットフォーム上のアーキテクチャ、運用と保守、そしてデータのセキュリティについて関心を頂きます。今回の認証取得によって、Kiwi technologyは安全で国際的なコンプライアンスルールに準拠した製品研究開発管理体制を社内で構築し、より安全で効果的なIoTトータルソリューションを提供し続けることができます。今後も、IoT業界への熱意を維持し、より良い製品、ソリューション、データ サービスを提供し続けます。

 

 

 

Scroll to Top