LoRa IoT活用事例

省電力広域ネットワーク(LPWAN)技術の登場にともない迅速に普及しいるIoT(Internet of Things、モノのインターネット)を通して生まれた様々なビジネスモデルを運営するには、安全で、信頼性が高く、拡張可能なネットワークアーキテクチャでIoTシステムそのものをサポートする必要があります。これを企業の使命と自認しているKiwitecは、顧客ごとの異なる環境とニーズに合わせてIoTシステムをカスタマイズ構築することにより、顧客によるIoT業務の心置きない展開、産業チェーンの迅速なレベルアップ、スマートシティの素早い実現をお手伝いします。

LoRaWAN通信プロトコル、言語ローカライズされたデータサービスプラットフォーム、産業クラスの屋外/室内向けゲートウェイ、設備通信モジュールおよびアプリケーション製品を含む弊社のLoRaWAN製品及びサービスは、業界ごとに異なるB2B顧客企業の大規模自主ネットワーク需要を完全に満たし、設備のデータ収集、遠隔通信、データ変換送信、プラットフォームの“見える”化、垂直方向のアプリケーションを実現できます。弊社はオープンマインドで、お客様サイドにおける製品相互接続、ネットワーク構築、データ収集の実施をお手伝いしています。

弊社は、HACCP対応のスマート医薬品向けコールドチェーン、温度管理、スマート農業、スマート建築、スマート災害検知など様々な分野に対し、IoTのトータルソリューションおよびサービスを提供しています。

スマート農業

スマート農業

農作物を育成する環境データをリアルタイムでモニタリングすることで、人手不足の解消、大規模生産、各種作業の自動化に活用できます。
温度、湿度、照度、CO2濃度、水位、土壌水分などのセンサデータをもとに農業用設備の制御を行います。環境データを育成データと紐づけることによって、農作物の育成メカニズムの分析に利用できます。

細部
災害予兆検知

災害予兆検知

普段人が頻繁に行き来することが難しい遠隔地や、高所や河川などの危険地帯にセンサを配置することで、災害の予兆を早期発見できます。LPWAのセンサデバイスとネットワークは低コストで広範囲なモニタリングを実現できます。

細部