記事コンテンツや動画

記事コンテンツや動画

キーウィテクノロジー株式会社が2021年1月より販売を開始したCO2濃度のモニタリングが行えるパッケージ製品『Kiwi Air Safety CO2 Monitor』が全国のさまざまな施設で運用が開始されております。

『Kiwi Air Safety CO2 Monitor』はCO2センサー、インジケーター、ゲートウェイ、表示器、Webダッシュボードで構成されています。無線通信部にはLPWAのLoRaWANを採用しており、ショッピングモールや球技場などの広いエリアに設置した100台以上のセンサーデータを、数台のゲートウェイでカバーすることができます。

キーウィテクノロジー、医療とスーパーマーケット向けIoTサービスを支援 ワンストップのスマート温度管理を実現

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、経営体系の変化によって引き起こされる多種多様な課題を解決するため、デジタルトランスフォーメーションを実現するIoT技術の導入がさまざまな企業で進められています。自動化、スマート化、AI化によって、今後起こりうる課題の解決と、継続的なビジネスの拡大が可能となります。

菱洋エレクトロ株式会社様より、キーウィテクノロジー開発のLoRaWANを利用したHACCP向け温度管理IoTソリューションサービスが提供されます。

HACCPは食品衛生管理の国際基準です。2021年3月から原則としてすべての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理に取り組む必要があります。食品メーカーや小売の現場では、HACCPの取り込みの一つである冷蔵冷凍設備の温度管理コストが増加することになります。キーウィテクノロジーの温度管理IoTソリューションサービスは、IoTセンサーの無線通信のLoRaを利用しています

IIJ、食品関連業界向けに 「IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理」を提供開始

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、HACCP(ハサップ)(※)による衛生管理の義務化に伴い、食品関連事業者向けに、冷凍冷蔵庫や倉庫の温度を自動監視・管理するIoTソリューション「IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理」を、2020年7月15日より提供開始いたします。

LoRaWAN活用で運用コストを大幅削減、IIJが水田管理用のIoTセンサーなどを開発

インターネットイニシアティブ(以下IIJ)と「水田水管理ICT活用コンソーシアム」は6月10日、静岡県で実施中のIoTを活用したスマート農業の実証実験について、成果報告の記者説明会を開催した。インターネットサービスプロバイダーやMVNOとしての姿が知られるIIJが、農業分野においてどのような活動を行っているのか、レポートしよう。

Kiwi IPO –台湾初のIoT会社およびIPO市場上場の会社

Kiwi IPO –台湾初のIoT会社およびIPO市場上場の会社

奇邑科技(Kiwi Technology)は、モノのインターネット(IoT) LPWAN(低電力ワイドエリアネットワーク)垂直産業ソリューションを独自に開発し、屋内から屋外アプリケーションに範囲を拡大しました。 関連アプリケーション領域は、食品の安全性(HACCP)、スマート農業、スマートビル、防災などを含みます。

IIJと台湾Kiwitec社、LoRaWANソリューション展開において協業開始

IIJと台湾Kiwitec社、LoRaWANソリューション展開において協業開始

株式会社インターネットイニシアティブとKiwi Technology Inc.は、IoT活用に向けたLoRaWAN(ローラワン)の展開において協業することをお知らせいたします。本協業のもと、両社はKiwitec製LoRaWANゲートウェイ機器において独自の機能拡張を行い、LoRaWANソリューションとして様々なIoT分野に対して2019年11月1日より展開してまいります。

Scroll to Top