概要 :

LAC-140V1 アナログ-LoRaコンバータは、産業用IoTのアナログ-to-LoRaコンバーターです。ワイヤレス通信は、LoRaワイヤレステクノロジーとLoRaWANプロトコルを介して行われます。 このデバイスは、アナログサンプリングインターフェースデバイスに接続できます。サンプリングの電流範囲は4〜20mA、電圧範囲は0〜10Vです。アナログサンプリングケーブルは、白い裸線を接地線、赤い裸線をアナログサンプリングインターフェイスラインとしています。

特長 :

  • LoRaテクノロジー
  • 長距離通信
  • 周波数範囲: 863~932MHz
  • プラグ・アンド・プレイ
  • 簡単設置

応用 :

LAC-140V1 応用

LAC-140V1 アナログ-LoRaコンバータ

Model : LAC-140V1

製品仕様
LoraモジュールKiwi TLM922S
周波数863~932 MHz
感度-138dBm
送信出力+2~+20dBm
データレート292bps~21.875Kbps
入力電力
Terminal Block:+9V ~ +24V
通信プロトコルLoRaWAN (Class C)
動作温度-10ºC~70ºC
保管温度-20ºC~70ºC
外形寸法89x68x27mm
重量82 ±5g
アナログインターフェース仕様
サンプリング電圧範囲0~10V (channel AI_0 and channel AI_1)
サンプリング電流範囲4~20mA (channel AI_2 and channel AI_3)
量子化ビット数
16bits
ケーブルの長さ1m 或は 2m
詳細な仕様を見る