新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、経営体系の変化によって引き起こされる多種多様な課題を解決するため、デジタルトランスフォーメーションを実現するIoT技術の導入がさまざまな企業で進められています。自動化、スマート化、AI化によって、今後起こりうる課題の解決と、継続的なビジネスの拡大が可能となります。物流、小売、医薬品等の産業では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、更なるIT活用のニーズが高まっています。

 

日本におけるHACCP義務化に伴い、キーウィテクノロジーの無線温度センサーを使った温度可視化システムは、大手スーパーで使われている冷蔵冷凍設備に2020年より実運用が開始されました。本可視化システムで利用されている無線温度センサーにはLPWAのLoRaWANが使用されています。定期的な温度のセンシングに加え、閾値を越えた場合にはアラート情報を送ることが可能で、大切な商品の温度管理の自動化を実現しています。

 

2021年より、弊社の温度センサー及び可視化ソリューションは日本と台湾において、医薬品向け倉庫及びコールドーチェーン業者様でも運用を開始されております。医薬品およびワクチンの輸送及び保管の重要性が高まっており、特に物流業者様は新たな『ワンストップ』の可視化ソリューションを求められており、またそのソリューションの導入が大きな課題となっております。医薬品、ワクチンに対する安全性、保管温度に求められる制限は厳しく、輸送から保管の過程において安定した環境の維持、環境データの記録、リアルタイムの警告発報が必須となっています。

haccp-method

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://youtu.be/RDB9VlG4G8g

https://www.youtube.com/watch?v=ov5Ly06oADw&t=394s

ニュースソース :TVBS News