AIoT Smart Temperature Management Solution–Kiwi Temperature Box

AIoT Smart Temperature Management Solution–Kiwi Temperature Box

PT Wahana Solusi Pintar(WSP-EMTEKグループ会社)とKiwi Technology(TWSE 6699)は、本日新しいIoTソリューションを発表しました。このソリューションは、簡単設置の温度センサーデバイスとクラウドサービスを使用し、低消費電力・広域・ワイヤレスLoRaテクノロジーにより、インドネシアの食品およびコールドチェーン関連業界にインテリジェントな温度監視のサービスを提供します。スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどでは、AIインテリジェント温度管理システムを通じて、生鮮・冷蔵・冷凍食品の廃棄物を削減し、食品の安全性を向上させます。

デジタル変革は、すべての人の生活を変えるメガトレンドです。新型コロナウイルスの影響を受けて、「ゼロタッチ」は新しいライフスタイルになりました。PT. WSPとKiwi Technologyは、インドネシアの食品およびコールドチェーン市場向けにAIoT駆動の温度リモートモニタリングサービスを発売しました。スマートフォンやパソコンを使って、冷蔵・冷凍装置の温度と湿度を監視し、異常な状態が発生するとすぐにアラートを受け取り、履歴データと温度や湿度に関するレポートがいつでも見られます。すべてのデータはクラウドにアップロードされ、データストレージとデータ分析は、Kiwi Technologyのクラウドプラットフォームサービス上にあります。Kiwi Technologyの「Kiwi Temperature Box」パッケージを購入したら、クラウドサービスは5年間無料で使用できます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://www.liputan6.com/tekno/read/4295284/pt-wahana-solusi-pintar-and-taiwan-kiwi-technology-join-forces-on-lorawan-solutions-amp-services