数日前、奇邑科技のパートナーである最大の仮想運用会社であるIIJ(TYO:3774、NASDAQ:IIJI)は、スマート農業をターゲットとし、住友(TYO:8503)(Top 500 FORTUNE Global 2018)と精密農業、製品開発、製造、商業化についての提携を確立しました。新しい技術は生産効率と生産者の利益を向上させます。米、小麦、大豆、サトウキビなどの畑から展開されます。 同時に、IIJおよび住友との協力により、LoRaWAN IoTアプリケーションと日本の業界のアップグレードが加速されると信じています。

奇邑科技はこのLPWANソリューションの唯一のサプライヤであり、シンプルで速いインスタレーション、費用対効果の高いオールインワンソリューション、データおよびプラットフォームサービスを提供しています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://www.sumitomocorp.com/en/jp/news/release/2018/group/10850